やる気を起こしたい

医者

特徴や選び方はどうか

今までやる気があった人が、突然意欲がわかない状態になることもあります。このような時、一時的にならばそれほど問題ありません。人間は少なくとも、感情の生き物ですので気持ちの浮き沈みはあるものです。しかしながら、1カ月以上やる気のない状態が続いていたとすれば、それはうつ病の可能性もあるでしょう。うつ病になった場合には、心療内科や精神科などに通うべきです。基本的には自分自身で治すことができる病気ではありませんので、基本的には精神科や心療内科の先生が頼りになります。もし、精神科や心療内科を選ぶ場合には、様々な特徴があるでしょう。最大の特徴は、薬を出してくれることです。うつ病に関する薬はさまざまありますが、薬局などで手に入るものはほとんどありません。効果のあまりないものならば手に入るかもしれませんが、医師が処方してくれるレベルの効果のものはまず売っていないといえるでしょう。なぜっていないかといえば、法律上を扱うことができないからです。薬局で扱えるものは、医者が使えるものと少し異なり効果が弱いものになります。風邪薬なども、薬局で購入した者はあまり聞かなかったのに、病院に行き医者からもらったものはよくきいたという経験を持っている人はいるはずです。うつ病の場合もそれと同じ状態になります。結果的に意欲がわかない状態から抜け出すことができるでしょう。

意欲がわかない場合、どのように心療内科や精神科を選んだらよいかが気になるところです。うつ病にも様々なタイプがあり、意欲がわかない場合にはそれに関して研究している病院ならばまず安心することができます。ただ、各クリニックや病院の表向きだけではなかなか何を得意としている先生がいるのかわからないものです。このような場合には、実際にカウンセリングなどを受けてみてよい先生がどうかを確認する必要があります。よい先生かどうかを判断する場合、どこの大学を出ているかなどで選ぶ人もいます。ですが、大学の学力が高いからといって必ず良い先生とは限りません。これは、小学校や中学校の時の人気の先生が必ずしも一流大学を出ていたわけではないことを考えればわかります。そうだとすれば、精神科や心療内科を選ぶ場合にも先生の学歴ではなく人格をよく確認しておきましょう。自分は偉いと自信過剰になってしまっている先生も中にはいますので、そのようなところは避けてしっかりと患者目線で話しを聞いてくれるあるいは意見を述べてくれる先生がよいです。また、話しを聞く時もこちらの話を十分に聞いてくれて心の奥底にある潜在的な考え方を引っ張り出してくれる先生ならばやがて意欲がわかない状態から抜け出すことができるでしょう。