心を休ませる

悩む女性

ライフスタイルの影響

現代社会のストレスが多い日本人は休みの取り方が下手だといわれていますが、まさに自分の心を休めることをしていかなくては病気になってしまうこともあります。ビジネスマンでは精神的な疾患を伴ってしまうと、意欲がわかないなどの「うつ病」になることもあり、日常生活での行動をする当たり前のことができなくなる人も少なくありません。体や精神を休めることは労働者の権利ですが、上司が残業していたり休みを返上して働いている同僚を目の前にするとなかなか、そういった休暇をとることができなくなります。それが続いてしまうと、意欲がわかない状況に陥り精神的な疾患へとなっていく序章となり、最初は憂鬱な気分から始まります。これらの疾患は種類があり段階を踏んで悪化する可能性があるので、最初の憂鬱な気分から悲しい気持ちが強くなり、仕事をしている人では劣等感を拭えない状況になっていきます。双極性障害などは躁状態や軽躁状態を繰り返している人で診断されるのですが、これらをひとつの症状として同じ治療をすることはありません。生活環境から本人の性格なども含めた総合的なライフスタイルを考えていくことで、精神科や心療内科などの専門病院ではプログラムされた治療をすることができます。

人一倍働くことが使命ともなっている日本人には意欲がわかないなどの精神的疾患を伴ってしまう人が多くいますが、これは社会に対するメンタリティが影響していることがいえます。今こういった症状が注目されているのは、まさにストレス社会というキーワードもありますし、ビジネスマンだけではなく日常生活を謳歌しなくてはいけない子供まで浸透しているからです。インターネットなどの通信機器の発達は便利に生活ができるようになった要因でもありますが、今では行き過ぎた社会構造から見てSNSなどのソーシャルネットワークでの人間関係の悪化などみられます。そのために昔よりもコミュニケーションを取ることは集団に染まっていなくてはいけない構造が出来上がってきているのを背景に、子供でも悩みの多くが人間関係にみられるようになりました。今までと違って学校でも仕事でもうつ状態などの症状がみられるようになってきた場合には、家族や身の回りの人が勧めて、まず専門病院へいき診てもらうことが大事です。この最初の行動次第で大きく治療効果が変わってくることはもちろん、意欲がわかない状況を放っておかないことで本人も安心できるようになります。人生においてやりたいことがあるならばすぐに対応できますが、何もやる気が起きない意欲がわかないことは心の問題として考えていくことがベストです。